【仙台市】仙台市67例目の新型コロナ感染確認。まだ油断はできません、ソーシャルディスタンスを心掛けましょう!

2020年6月26日、仙台市において67例目の新型コロナ感染者が確認されました。
30代女性の方だそうです。
症状としては、6月21日に38℃台の発熱がありましたが翌22日には解熱、しかし6月23日には嗅覚と味覚の障害を覚え、6月24日に帰国者・接触者相談センターに相談をし、25日にPCR検査を実施、26日に新型コロナ陽性と判明したそうです。
現在は入院先の調整中で重篤な症状ではないとのことで不幸中の幸いでしたね。
感染経路は不明、現時点で分かっている濃厚接触者は2名、その他の濃厚接触者と詳しい行動歴は現在確認中とのことです。
分かっている情報としては、6月23日にはマスク着用の上でアルバイト先に出勤、通勤には公共交通機関を利用しましたが、他者と濃厚接触者に当たる可能性は低いということ。判明している2名の濃厚接触者の方には近日中にPCR検査を実施するそうです。

ソーシャルディスタンス

イメージ画像

新型コロナ感染者数が世界で960万人を突破した昨今、新しい生活様式の1つとしてソーシャルディスタンス(社会的距離)というものが標準となりつつあります。
ソーシャルディスタンスの基準は世界でバラつきがありますが、日本では人と接する時には1m(可能であれば2m)の距離を保つよう推奨されております。
コロナ流行下においては、感染を拡大させないことこそがウイルス撲滅のための最も有効な手段とされており、このソーシャルディスタンスを心掛けた行動をとることが飛沫感染のリスクを低減することに直結するとされております。
例えばスーパーでのレジ待ちやテイクアウト品の購入で列をなす時に前後の方との間隔を十分に空けて並ぶ、公共交通機関の利用時には人のすぐ隣には座らずに間隔を空けて座るなど、たったそれだけです。
そういった行動が自然とできるようになっていれば、自己防衛が身に付いている証ですね。
厚生労働省HP内に「新型コロナウイルスに関するQ&A」が掲載されておりますのでぜひご参考にしてみてください。
【新型コロナウイルスに関するQ&A(厚生労働省HP)】

太白区保健福祉センターはこちら↓

2020/06/27 01:48 2020/06/27 11:43
noririn
ジモネタ太白区
号外NET他の地域

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら